気になる相手を落とすテクニック

女性に対するスタンスやアプローチの仕方に根本的な間違いがある

気になる女性がいても、いつも空回りしてしまう男性は多いでしょう。
その場合は女性に対するスタンスやアプローチの仕方に根本的な間違いがあるのかもしれません。自覚のある男性は、以下に紹介する3つのテクニックを習得すれば未来が明るくなる可能性があります。

 

ターゲットをしっかり決める

まず大切なのはターゲットをしっかり決めることです。
何度も女性にアタックしてふられていると、誰でも良いから相手にして欲しいと考えがちです。そのように考えていても相手に見破られることはないので大丈夫だと感じている人は要注意です。
女性の勘という言葉は誰でも聞いたことがあるでしょう。交際相手の浮気を見破るときのセンサーを指す言葉として用いられることが多いですが、実はこのセンサーは言い寄ってくる男性にも発動します。誰でも良いと考えてアプローチをすると、ほとんどの場合は見破られてしまうので要注意です。そのような考えを持って近づいて来られると、快く話を聞いてくれるわけはありません。自分を安い女だと見なされている気がして、とても嫌な気分になってしまいます。
そのような事態を避けたい男性には、女性の勘というセンサーをかいくぐるテクニックが必要です。

 

 

自分の理想のタイプであることを公言

テクニックといっても非常に簡単なので誰でも行えます。その女性が自分の理想の相手だと認識してアプローチをするだけだからです。たとえば友人たちも一緒にいる場であっても、自分の理想のタイプであることを公言してみましょう。多くの女性は恥ずかしそうな素振りを見せます。なかには怒ったように顔を赤くするケースもあります。怒っている場合でも、ほとんどの場合は心のどこかに嬉しい感情があるはずです。そういう怒りの感情は薄らいでいきますが、嬉しいという感情は心に強くインプットされたままです。自分がその男性にって特別な存在であることを意識するようになるでしょう。そうなると後は相手の反応を見ながらプッシュを繰り返すだけです。
ここから続けられるのが次のテクニックです。それは脈があると感じたら、とにかく諦めずにアプローチを行うことです。

 

諦めずにアプローチ

自分の方に振り向いてもらえたら嬉しいと考えているなら認識を改めましょう。振りむいてもらうのではなく、努力によって振り向かせることが大事です。自分がどれだけ好きであっても、相手の気持ちの変化は相手次第です。自分はすぐにでも恋愛できる環境であっても、相手はそうではないかもしれません。仕事が忙しくて恋愛どころではない可能性もありますし、すでに恋人がいることもあるでしょう。他の男性に片想いをしているケースも考えられます。だからといって遠慮していたのでは恋は成就しません。あつかましすぎるのは考えものですが、状況を知ったからといって大人しく引き下がる必要はないです。とにかく振り向いてもらえるまで諦めないことがポイントになります。

 

 

最後のテクニックは昔から定番のものです。女性が魅力的だと感じる男らしさをアピールしましょう。女性は自分を大切に守ってくれると感じられる相手には心を許しやすくなります。そう言われても女性に害を及ぼす存在がいないので守れないと感じることもあるでしょう。その場合は金銭的な負担から守ってあげれば良いのです。食事をしたときなどにスマートに奢ってあげると印象が良くなります。また、暇という時間の無駄からも守ってあげましょう。レジャーなどのプランを提案して、段取りもしっかり考えて楽しませてください。このように危険の少ない現代社会においても、女性を守るという方針にもとづくアプローチの手段はたくさんあります。そうして女性が心を開いてくれたら、夢を語るなどしてさらに男らしさをアピールすると効果的です。

page top