気になる相手を落とすテクニック

いくつかのテクニックを使うことが大切

女性にもてたいと思っている男性がほとんどだと思いますが、それにはいくつかのテクニックを使うことが大切です。

 

何も考えずに女性と過ごしていても女性がときめくはずはなく、女性は男性に大切に扱われているという気持ちを持つとその男性のことが気にかかるようになるようです。女性にも好みがあるので、一概にどのようなことをすれば持てるということはないと思いますが、どのようなタイプの女性にも共通していることが、男性から大切に扱われたいということです。大切にされることを嫌がる人は少ないでしょうし、何よりも自分をお姫様のように扱ってもらうことで、その相手の男性が王子様のように見えてくるという仕組みです。

 

まず落としたいと思った女性ができた時には、常にレディファーストを心がけるようにして、エレベーターでは先に通す、ドアを開けてあげるなど生活の中での細かなところから攻めていきましょう。女性は大きなプレゼントをもらうよりも、毎日の細かな気遣いが心に残るので、小さな積み重ねが大切です。
またさりげなく行うということも忘れてはいけません。優しくしている自分をアピールし過ぎたり、不必要に手を出し過ぎると、反対に悪い印象を持たれてしまうので、あくまでもさりげなく自然な流れで行えるようにしましょう。そのためには常に女性の動きや表情を観察することも大切で、その女性が次に何をしようとしているかを事前に察知して先回りをして動くようにすることがポイントです。

 

女性が動き始めてから手助けをしていてはスマートさに欠けるので、余裕を持たせるためには常に気になっている女性の動きを観察しておくようにします。
そういったさりげない優しさを見せた後は食事などに誘ってみましょう。

 

しかし誘う時のポイントは最初から2人きりでの食事ではなく、数人でのグループでの食事の場に誘うようにすることです。
突然に2人での食事に誘われると女性は身構えてしまいますが、グループならば参加してもいいかなという気持ちになる人が多いでしょう。ここでできれば気になる女性と仲の良い女性にも一緒に参加をしてもらえると、気になっている女性も食事会に参加しやすくなるでしょう。

 

誘う時にも重々しい雰囲気ではなく、軽い感じで誘ったほうが参加をしやすくなるので、心の中ではドキドキとしていても落ち着いている様子を見せられるようにしましょう。一人では話すのが難しいと思った時には自分も仲の良い友達を誘って友達同士の会話の延長のような感じで誘ってみましょう。

 

そして食事会に誘うことができたら、食事会の場所では隣に座ることはないようにして、少し離れた場所に座るようにします。近くにいたほうが直接話すチャンスがありそうですが、話す前に気になっている女性と目を合わせてみましょう。女性は直接離すよりもじっと見つめられることで恋に落ちることが多いようです。遠くの席にいる男性が何度も自分のことを見ていたら、話をしていなくても気になる存在になってきます。離れた場所に座りながらも視線を送ることで女性に自分の存在を印象づけるようにします。女性は直接気持ちを打ち明けられることも好きですが、その前の好かれているかもしれないという時期が最も楽しいと言います。それは恋愛が始まる前の男性への期待が高い時期が最も楽しいとも言いかえられます。

 

話すよりもその男性のイメージが大事で、全てを言葉にしてしまわないことで、相手がより期待するようになります。こういったテクニックを使いながら女性との時間を過ごすようにすれば、女性はさりげなくスマートで熱い視線を送ってくれる男性と恋に落ちてしまうでしょう。ぜひ活用してみてください。

page top