マッチングサイトには、忙しくても空いた時間に異性との出会いがある!

マッチングアプリ

 


 

私は日々の婚活にちょっと疲れてしまっている29歳の客室乗務員です。

 

 

近い将来、5人に1人が生涯未婚になるとメディアが報道しているので、焦って積極的にいろんな飲み会に参加しましたが、自分のなかでいいなと思う男性に出会う割合は10回に1回あるかないかでした。

 

 

無駄な時間を費やすことが積み重なり、さらに焦りが増しました。

 

 

20代前半のころは、休みのたびに恋活パーティーに参加していました。自分で言うのもなんですが、恋活パーティーでは私の人気度が高く、モテていることで高ビシャになった結果、いまだに独身です。

 

 

20代前半のころにたくさんの男性と出会ってしまったからこそ、逆に誰を選べば良いかわからなくなってしまい、結婚の決め手を失ってしまっている自分もいます。そんな環境のなかで、後輩女子が彼氏とリア充生活を送っている様子をSNSに投稿していたので、出会いの秘訣を聞いてみたら、Omiai(おみあい)というマッチングサイトを教えてくれました。

 

 

若いころにモテていた自覚がある私はプライドが高くなってしまいマッチングサイトには抵抗があったのですが、待っていても男が寄って来る年齢でもなくなったので、余計なプライドを捨ててOmiaiに登録することにしました。

 

 

登録にはフェイスブックにアカウントがあることが必須条件です。SNSはインスタグラムをメインに使っている人がほとんどだと思いますが、フェイスブックを通すことで、なりすましを防いでいるようです。さらにメッセージのやりとりができるのは、パスポートや運転免許証での年齢確認を通過した人のみなので、安心できました。

 

 

フェイスブックのアカウントを利用するといっても、自身のページにOmiaiに登録していることが表示されないので、友達に知られることもありません。Omiaiの魅力は入会金も登録料も無料だということです。写真とプロフィールから気になる男性を探して、「いいね!」をクリックします。相手も「いいね!」をクリックしてくれたら、マッチング成立となり、メッセージのやりとりができるようになるという流れです。

 

 

メッセージのやりとりを経て問題がなければ、実際に会って交流を深めることができます。

 

 

私がプロフィールを登録すると、すぐに10人の男性から「いいね!」が来ました。私もまだまだ捨てたもんじゃないな、と喜びながらこの状況を後輩女子に話したら、「遊びが目的や美容室の勧誘をしてくる男はマッチングサイトに登録したばかりの女性を狙って“いいね!”をしてくるので、すぐに“いいね!”を返さないほうがいいですよ」と言われました。

 

 

メッセージのやりとりを始めたい気持ちをグッとこらえて、数週間待ちました。3週間後には「いいね!」の数もだいぶ減りましたが、イケメンじゃなくてもいい、高身長じゃなくても自分より背が高ければいい、などと妥協をして、とりあえず趣味が合う3つ年上の男性に「いいね!」をクリックしました。

 

 

空いた時間に自分の好みに合う男性を探すことができるので、私のように不規則な生活をしている人にOmiaiは便利なツールですよ。その男性とはメッセージのやりとりでも、不快に感じることはなかったので、実際にお会いすることになりました。日時が決まると私はすぐに女性誌で、トレンドのメイクを勉強しました。

 

 

デートメイクの代表といえば、潤んだ瞳を演出することだそうです。赤みのあるブラウン系のアイシャドウにボルドーのマスカラを重ねると、たちまち流行のアイメイクが完成しました。キレイめな印象に仕上げたい場合のチークは、青みピンクがトレンドだそうです。肌に透明感がプラスされ、清楚な印象を演出しつつ、おしゃれ感もゲットできました。

 

 

ファッションは、くびれを強調するデザインのワンピースを選択しました。

 

ワンピースは女性らしさを象徴するファッションだと捉えている男性が多く、着るだけで男性を魅了できる最強アイテムです。待ち合わせ場所は新宿にあるレストランでした。お相手の男性は私に会うなり、「キレイな方ですね。そんなに美人だったら、たくさんの男から口説かれて大変じゃないですか?」と言ってくれました。

 

 

私は気分が良くなり、食事中も会話が弾みました。2時間が経過し、「次のデートに誘ってほしいな」と感じていたころ、なんとその男性はおもむろに「いま僕はメンタリズムの勉強をしているんですよ。やって見せましょうか?」と言い出したのです。なんだか雲行きが怪しくなってきました。

 

 

私は半信半疑で「お願いします…」と言うと、財布から500円玉を1枚取り出し、私に渡しました。「僕にわからないようにこの500円玉を左右のどちらかの掌に握って、こぶしを上にして両手を差し出してください。

 

 

どちらの手に握っているかを当てます」とルール説明が行われました。

 

 

これは明らかにおかしな展開です。「メンタリズムは勘で当てるのではなく、こちらの質問に対するあなたの表情のわずかな変化から見抜くんですよ」と意味ありげな表情で、私の目を見つめてきました。

 

 

「見抜くことができました。右手ですね。掌を開いてください」と言われ、私は何だか申し訳ない気持ちで、500円玉の無い右手を開きました。

 

その後、気まずい空気になったのは言うまでもありません。その男性とは2度と会うことはありませんでした。

 

 

その後も「いいね!」が来た男性と何人かお会いしましたが、ちょっと変わった男性が多かったです。そんな出会いを経験していくうちに、私はだんだんコツがつかめてきて、現在はOmiaiで出会った人と何とか結婚を前提としたお付き合いができています。

 

 

マッチングサイトで変な男に引っかからないためにオススメなのは、出会った男性の良いところを15個探してみることです。

 

 

結婚相手になるかならないかは気にせずに、まずは相手の長所を15個探してみてください。これは実際にやってみると、かなり難しいです。でも無理矢理にでも相手の長所を絞り出すことで、細かい部分まで目が行くようになるのです。そして、自分が男性を見るときのパターンも理解できるようになります。

 

 

これまでいかに狭い視野でしか男性を見ていなかったかを認識できるはずです。そして、視野を広げる際のポイントも次第に把握できるようになり、男性を見るときの目が変わります。何度かデートを重ねる関係になったら、相手にも15個の長所を探してもらってください。そもそも恋愛のスタートは相手に興味を持つことですから、お互いに長所を探すことで、結婚へのエンジンがかかりやすくなります。

 

 

私が今お付き合いしている方と結婚できなかったとしても、相手の長所をたくさん探す習慣を身につけていれば、今後も出会いもチャンスが広がって、恋愛しやすくなると思います。

 

 

Omiaiに登録していれば、趣味の合う男性と簡単に出会うことができますが、いつまでにどうなりたいか、という具体的な行動計画を立てることが大事だと感じています。期限を設けずにダラダラと恋活していると、私のように30代直前にして焦る女になってしまうかもしれませんよ。私にとって婚活のゴールは、ハイスペックの男性と結婚することではなく、幸せな結婚生活を末長く送ることです。

 

 

白馬の王子様を探すよりも、結婚するときに「この人が私にとっての王子様だったんだ」と実感できることが大事だと思います。どうか今お付き合いしている彼が王子様でありますように!

 

 

 

人気の恋活サイト

 

会員数が600万以上の日本最大級マッチングサイトです。会員数が多いので出会える確立も高く恋活サイトでは1.2を争う人気のサイトです。 アメブロと一緒の会社が運営してるサイトで毎日4500人以上もの人が登録してます。共通する趣味を持つ異性と繋がることが出来ます。 あのリクルートが運営してる人気の恋活サイトです。結婚雑誌のゼクシィのCMなどはみんな見たことがあるのではないでしょうか?

人気の婚活サイト

 

運営17年を超える老舗の婚活サイトです。出会いを見つけて結婚したい男女が集まるサービスで、累計会員数は150万人を突破しています ゼクシィ縁結びは初めて婚活へと取り組む男女を応援する婚活サイトです。大手の会社のリクルートが運営していることもあり人気のサイトです。 サービスが始まってから17年以上が経過する老舗の婚活サイトで、毎月結婚を真剣に考えるカップルが15,000組も誕生しています。