ペアーズ体験談

ペアーズ体験談

32歳彼女なし男性のpairs奮闘記

 


32歳、彼女なし。容姿は自己査定で中の上。人と話すのは好きで、おもしろいともよく言われます。

 

働いてはいるが年収に自信がなく、その辺がコンプレックス。最後の彼女は4年前。そろそろ真剣な交際をしたいのですが、仕事での出会いはほぼありません。もやもやした日々を過ごすぐらいなら、いっそ出会い系にでも手を出すか!ということで、僕はマッチングアプリpairsと出会いました。

 

 

マッチングアプリなる言葉を初めて知り、出会い系となにが違うのか!という点も定かでないまま、勢い任せで登録し、さっそく検索しまくった途端に衝撃が走りました。それは、アプリ全体に漂う清潔感、真剣さ、まるでこれから鬼教官の体育の授業が始まるかのような整然とした雰囲気に、心底驚いたのです。もはや、「出会い系」という言葉が持つ淫猥なイメージを完全に払拭したと言っていい。それほどの衝撃でした。

 

 

これは、こちらもしっかりせねばと思い、適当だったプロフィールを熟慮しながら書き直し、写真も新撮した数枚をのせました。のせたところで、再び勢いがつき、今度は無料で配布された「いいね!」を押しまくりました。時間が許す限り女性を検索し、相手のことなど完全に無視した超一方通行の図式で、知らない女性を審査しまくりました。

 

多数の女性を独断と偏見で審査しまくるという行為に、一瞬、超イケメンのモテ生活にすり替わったような錯覚が無いわけではなかったが、知っています。別にモテているわけではありません。ただ登録している女性を選んでいるだけなのです。

 

 

 

そんな中、ふとあることに気づきました。それは女性がのせている写真についてです。たいていの女性は写真を複数枚のせているのですが、顔のアップばかりをのせる女性は信用できないと思うに至ったのです。

 

 

顔のアップは撮り方や角度で印象がガラッと変わるし、よくは知らないが最新アプリで加工もできそう。違う。僕が見たいのは引きの写真です。全身写真はファッションも含めその人の雰囲気を感じ取ることができるし、背景も明確になります。背景はその人の個性をあらわす大事な情報源です。堂々と全身写真をのせる女性はそれだけで好感が持てますし、かっこいいとも思います。だから、女性がのせる写真バランスの理想を言えばアップ1枚、ヒキ2枚ぐらいかな。

 

 

pairsを始めてから数週間で、マッチングが成立しました。節操のない「いいね!」乱打が報われたのです。有料の会員登録をして、早速メッセージを送ろうと思った矢先、スマホを操る指が止まりました。

 

何てメッセージを送っていいのかわからないのです。こんにちは?はじめまして?本名は名乗るべき?フランクすぎ?いや固すぎ?宜しくお願いしますっておかしくない?など沢山のハテナのおかげで遅々としてメッセージ作成は進まなかったのですが、もう何でもいいや!っていうノリで、簡単な挨拶を送ったら、以外にも、簡単な挨拶の返事がすぐ返ってきました。

 

 

ここからが重要だと自分に言い聞かせながら、SNSのやりとりでは基本である質問で終わる形式で次のメッセージを送ってみました。そうすれば相手も返しやすい。昔本で読んだ、その類のくだらないテクニックのおかげで趣味の話で盛り上がり、好きな食べ物の話題になったところで、思い切って食事のお誘いをしたところ、快い返事が返ってきました。

 

 

 

何軒かある勝負店の中の一つを予約して、店の前で集合という段取りをテキパキと仕切りました。こういうのはスピードが肝心。いざ、当日。もちろん紳士たるもの遅刻は厳禁。というか先に着いて女性を待つくらいの余裕が必要と思い15分前に店に着きましたが、気張りすぎてる感がかっこわるいと思い、一旦離れて10分前に再びお店前へ。10分前なら一般社会人として常識の範囲内でしょう。

 

 

その場に女性はまだおらず、ドキドキしながら待つところ、集合時間ちょうどにその女性は現れました。その瞬間、ガッカリではないが、妙な期待外れ感を味わいました。そして、その女性も同じような妙な期待外れ感を持っているように感じました。それでもお互い大人ですから、そんな気持ちは押し殺して、楽しくおしゃべりをしてLINEの交換までしましたが、それ以降の発展はありませんでした。

 

 

 

そんな出会いを2、3回経験した帰り道、電車の中であることに気づきました。

 

 

期待値が高まりすぎているのだと。pairsで見ることのできる写真、プロフィール、自己紹介文から想像豊かに相手のことを妄想し、どんどんポジティブ変換していた自分に気づいたのです。それは相手も同じでしょう。

 

与えられた、しかし、人物を知るためには少なすぎる情報を自分のいいように解釈し、きっとこんな人に違いない!という馬鹿げた幻想を持って集合場所に向かっていたのです。

 

そりゃがっかりもするはずです。勝手な偶像を作り上げること自体相手に対して失礼なことで、会う前にするべきことではないのです。

 

そのことに気づいた僕は、さして気負いもせず、馴染みのBarにふらっと立ち寄るぐらいの感覚で女性に会ってみたら、相手の良いところが沢山見えるようになり、無事彼女をつくることができたのです。

 

 

 

 

 

人気の恋活サイト

 

会員数が600万以上の日本最大級マッチングサイトです。会員数が多いので出会える確立も高く恋活サイトでは1.2を争う人気のサイトです。 アメブロと一緒の会社が運営してるサイトで毎日4500人以上もの人が登録してます。共通する趣味を持つ異性と繋がることが出来ます。 あのリクルートが運営してる人気の恋活サイトです。結婚雑誌のゼクシィのCMなどはみんな見たことがあるのではないでしょうか?

人気の婚活サイト

 

運営17年を超える老舗の婚活サイトです。出会いを見つけて結婚したい男女が集まるサービスで、累計会員数は150万人を突破しています ゼクシィ縁結びは初めて婚活へと取り組む男女を応援する婚活サイトです。大手の会社のリクルートが運営していることもあり人気のサイトです。 サービスが始まってから17年以上が経過する老舗の婚活サイトで、毎月結婚を真剣に考えるカップルが15,000組も誕生しています。
page top