これは僕が有名なドラ○エモンスターに出会ったお話し


2018年現在、ITの発展により「出会い」は比較的簡単になり、恋活アプリもたくさん増えた。

 

ペアーズ、Omiai、With、ゼクシィ縁結びと私が知っているだけでも4種類ある。私は男性なのだが、恋活アプリは基本的に男性は課金しないとメッセージが女性に送れなかったり、送られてきたメッセージを見られなかったりするのだ。

 

 

婚活アプリを通して女性と出会う場合、男性は課金が必須である。1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月という風にプランがあり期間が長ければ長いほど月々の料金が安くなるというシステムなのだ。

 

 

私は初め1ヶ月間登録してみた。料金は4000円くらいだっただろうか。数撃ちゃ当たるという風な戦法で、手当たり次第自分が良いなと思った子に「いいね」を送る。

 

これで相手から「いいね」が返ってきたらマッチング成立だ。数十件「いいね」を送っても、なかなかマッチング成立しない。自分がもっとイケメンならと恨んでいたら、「いいね」が1件だけ返ってきた。

 

 

マッチング成立したので、もう一度プロフィールを見てみる。プロフィール写真はアプリのSNOWを使っていてよくわからないが、今時の子っぽい印象だ。体型がややぽっちゃりと書かれていたのが気になったが、せっかくマッチング成立したのであまり気にしないことにした。メッセージは順調に進み、お互いのことを少し知れた段階でLINEに移行した。1週間くらいLINEをして、より深く知ることができた。どうやら食べることが好きらしく、私も食べることが好きなので次の週の土曜日に焼肉を食べに行こうと約束をした。

 

 

当日、気合を入れてお洒落をし、美容院で髪を整えてもらった。今日は焼肉デートだと心のなかで何度もガッツポーズをし待ち合わせの最寄り駅へと向かう。駅につき、今日のデート相手である直美ちゃん(仮名)を探す。プロフィール画像の印象だと目がぱっちりしてて、元気で明るい今時の子っぽい印象だったので、それらしき人を探してみる。人も多いしなかなか見つからない。

 

「どこにいますか?私は白いニットにコートを着ています。」というLINEの通知が届く。
それらしき人を探していると、横から「○○さんですよね?」声をかけられる。

 

 

 

 

 

引用:モンパレ

 

横を向くとそこには体重3桁は超えているだろう、
ドラゴンクエストでいうトロルキングのようなお世辞にも可愛いといえないモンスターが立っていた。

 

私は「違います。」と答えその場を後にした。本当に昔に比べたら「出会い」は簡単になった。しかし、私みたいな詐欺じゃないかと思う「出会い」もあるのだ。人類は恋活アプリというパンドラの箱を開けてしまったのかもしれない。

 

 

 

人気の恋活サイト

 

会員数が600万以上の日本最大級マッチングサイトです。会員数が多いので出会える確立も高く恋活サイトでは1.2を争う人気のサイトです。 アメブロと一緒の会社が運営してるサイトで毎日4500人以上もの人が登録してます。共通する趣味を持つ異性と繋がることが出来ます。 あのリクルートが運営してる人気の恋活サイトです。結婚雑誌のゼクシィのCMなどはみんな見たことがあるのではないでしょうか?

人気の婚活サイト

 

運営17年を超える老舗の婚活サイトです。出会いを見つけて結婚したい男女が集まるサービスで、累計会員数は150万人を突破しています ゼクシィ縁結びは初めて婚活へと取り組む男女を応援する婚活サイトです。大手の会社のリクルートが運営していることもあり人気のサイトです。 サービスが始まってから17年以上が経過する老舗の婚活サイトで、毎月結婚を真剣に考えるカップルが15,000組も誕生しています。