イククルを使ってみて思ったこと

イククルの特徴やメリットまとめ!口コミの評判はどう?

イククル

 

 

 

 

イククルの特徴やメリットをチェック!

 

イククルは、ちゃんと異性と出会うことができる匿名の出会いコミュニティです。

 

優良な出会い系サイトの一つとして、20代や30代の男女を中心にイククルは人気を獲得していますね。

 

以下では、どんな人にイククルが向いているのか幾つか挙げてみました。

 

・メル友探しや恋人探しなど真面目な出会いを求めている
・継続的な関係や割り切っている人など大人の出会いを求めている
・サクラやキャッシュバッカーができる限り少ないサービスが良い

 

真面目な出会いも大人な出会いも可能で、仕事やプライベートなど日常生活で異性と出会うチャンスが少ない人にピッタリなのは間違いありません。

 

もっとイククルについて知るために、他のマッチングサイトとは違った特徴やメリットをまとめていますので、是非一度参考にしてみてください。

 

1,000万人を超えるユーザーが登録している

 

イククルはプロスゲイト株式会社が運営しているマッチングサイトで、1,000万人を超えるユーザーが登録しています

 

出会い系サイトやマッチングアプリを利用するに当たり、登録者数が多いのかどうかはとても大事ですよ。

 

「登録者数が多い=多くの男女が出会っている」と判断できますので、信頼や実績を獲得している何よりの証拠となります。

 

イククルが国内のサービスの中でも有名なのは、次のように積極的な広告宣伝をしているからです。

 

・待ち合わせスポットなど若者が多い場所に大きな看板を掲げている
・芸能人の小森純さんをイメージキャラクターに設定していた
・大々的なプロモーションや海の家イベントを開催している
・都心部を中心にトラック広告が頻繁に街中を走行している

 

目で確認できる実態があるマッチングサイトなのは、初めて利用する方にとって安心できるポイントとなるのではないでしょうか。

 

安心感があれば女性の登録ユーザーも増えますので、イククルは若い女の子との出会いを求めている男性に適しています。

 

完全前払い制で男性の利用料金がリーズナブル

 

イククルはユーザーの満足度や、マッチング率の非常に高いサービスです。

 

その理由として、完全前払い制で男性の利用料金がリーズナブルだからだと考えられます。

 

以下では、イククルのポイントの消費で何ができるのかまとめてみました。

 

1P消費:「書き込み内容閲覧」「プロフィール閲覧」「トピックを見る」
2P消費:「掲示板の掲載画像閲覧」「プロフィール画像閲覧」「伝言板にひそひそで書く」
3P消費:「トピックへと書き込む」「投稿画像を閲覧する」
5P消費:「相手へとメールを送る」「動画を視聴する」
10P消費:「コミュニティの開設」「トピックを立てる」
40P~200P消費:「イククル動画を閲覧する」

 

1Pの料金は10円ですので、とても安いことが分かりますね。

 

前払い制で自分が購入したポイントだけを消費する形となりますので、「知らない間に使いすぎていて高額な請求が来た・・・」なんて心配はありません。

 

イククルでは定期的にポイントの購入が2倍や3倍に増えるキャンペーンが実施されていました。

 

「○日間限定」と有効期限が決められていますので、定期的に公式サイトをチェックしておいてください。

 

出会いに繋がるコンテンツが多い

 

出会い系サイトやマッチングサイトは、サービスによってコンテンツの充実度が違います。

 

イククルは単純にプロフィールを検索して異性を探すだけではなく、次のように出会いに繋がるコンテンツが数多く用意されていました。

 

出会い掲示板:様々なジャンルの掲示板が用意されていて、毎日たくさんの書き込みで賑わっている
イククル解決ナビ:ユーザーからの疑問や質問を解決できるコーナー(ベストアンサーの人にはオリジナルアバターがプレゼントされる)
るなダイアリー:肌のコンディションや体重管理など、毎日の状態を確認できる女性に嬉しい機能
趣味検索:「カフェでのんびり」「スポーツが好き」「料理が得意」など同じ趣味を持つカテゴリーから相手を探せる
みんなの日記:写真掲載ありの日記を利用して出会いの幅やチャンスを気軽に広げられる
WEBコンテスト:会員であれば誰でも参加可能で、各コンテストで上位へと入賞すると賞金が貰える

 

「異性へとアプローチしているけれど中々返信が来ない」という方には、出会い掲示板やみんなの日記といったコンテンツがおすすめですよ。

 

イククルのコンテンツは全て利用し、素敵な出会いを自分から積極的に探してみてはいかがでしょうか。

 

幅広い女の子が利用している

 

会員数やユーザー数が多いこともあり、イククルは幅広い女の子が利用しています。

 

自分の好みの女の子を検索して探すことができますので、男性にとってはとても嬉しいサービスですね。

 

具体的にどんな女性がイククルへと登録しているのか見ていきましょう。

 

・女子大生
・人妻
・熟女
・ギャル系
・清楚系
・オタク系

 

私生活で好みの女性と出会うのは非常に難しいので、出会い系サイトやマッチングサイトが役立ちます。

 

自分好みの女の子を探したい場合は、プロフィール検索だけではなく次の掲示板もおすすめです。

 

ピュア掲示板:「全国メル友」「地域メル友」「今から遊ぼ」「ミドルエイジ」
アダルト掲示板:「すぐ会いたい」「既婚者希望」「全国メールH」「アブノーマル」

 

掲示板は相手がどんな出会いを希望しているのか明確に分かりますので、積極的に活用してみてください。

 

婚活パーティーを主催している

 

イククルでは恋活ではなく結婚を考えている男女のために、婚活パーティーも主催しています。

 

エクシオとコラボしたパーティーで、月間動員数は何と1万人以上です。

 

「東京」「大阪」「名古屋」の3都市で開催されていますので、近くにお住まいの方は参加してみてはいかがでしょうか。

 

場所によって違いはあるものの、イククルの婚活パーティーは次の流れで進みます。

 

①現地へと出向いて自己紹介の大切な情報となるプロフィールカードに記入する
②パーティーが始まったら異性とプロフィールカードを交換する
③気になった女性の番号を記入するアプローチカードや印象確認カードを担当者へと渡す
④フリータイムでは前半で気になった人と自由に会話してコミュニケーションを取る
⑤最終投票カードを記入してカップルが成立する

 

るい

 

様々な異性と実際に出会ってコミュニケーションを取れるのが婚活パーティーのメリットですので、イククルの出会いコンテンツの一つとして利用する価値はありそうです。


 

24時間対応のコンシェルジュサービスが用意されている

 

イククルはユーザーが安心して出会いを探せるように、24時間対応のコンシェルジュサービスが用意されています。

 

以下では、イククルのコンシェルジュサービスの特徴を大まかにまとめてみました。

 

・豊富な知識をスキルを持つ専門のアドバイザーとメールや電話でやり取りできる
・24時間いつでも自分の好きなタイミングで問い合わせることができる
・登録に関する内容やコンテンツなど不安点や疑問点を解決できる

 

マッチングサービスを利用するに当たり、分からないことを気軽に質問できるのは嬉しいですね。

 

しかし、イククルの公式サイトでは「よくある質問ページ」が設置されていますので、専任アドバイザーへと問い合わせる前に一度目を通しておきましょう。

 

セキュリティ体制に力を入れている

 

イククルはコンシェルジュサービスに加えて、万全のセキュリティ体制が整っています。

 

「本当に安全に利用できるのかな?」「出会い系詐欺の被害に遭わないの?」と不安を抱えている方は少なくありません。

 

そんな方でも気軽に利用できるように、イククルでは次の取り組みを行っていました。

 

・24時間365日体制で監視をしている
・有人によるサイトパトロールで悪質なユーザーを排除している
・各種トラブルや通報へと迅速に対応してくれる

 

「サクラ」「架空請求」「迷惑メール」「脅迫電話」といった被害が怖いと感じている方に、セキュリティや安全対策が整ったイククルはおすすめですよ。

 

イククルの利用前に押さえておきたいデメリット

 

大手のマッチングサービスということで、イククルはインターネットを使った出会いが初めての人でも安心して利用できます。

 

しかし、イククルにも幾つかのデメリットがありますので、登録して利用する前に確認しておきましょう。

 

・「デリヘル業者」「他サイトへの誘導業者」「アドレス回収業者」が中には紛れ込んでいる
・男性との出会いではなく、写メコンやアバター作成といった機能が目当てで登録している女性がいる
・男女のユーザーの年齢層が低く、30代や40代の人は中々出会うことができない

 

イククルは他の出会い系サイトと比較してみると、キャッシュバッカーが少なめです。

 

ガンガンとメールが来てメッセージのやり取りをしているのにも関わらず、中々LINEを教えてくれなかったり実際に会ってくれなかったりといった女性はキャッシュバッカーを疑っても良いかもしれません。

 

このキャッシュバッカーによる被害は少なくても、本物のユーザーの陰に隠れて業者が潜んでいることがあります。

 

運営元がパトロールして監視や退会をしてくれていますが、完全にゼロにするのは現実的に難しいようです。

 

そのため、イククルの良い部分を活かして異性との出会いを楽しむためにも、プロフィールの閲覧やメッセージのやり取りで素人なのかどうかきちんと見極める努力をしてみてください。

 

イククルの口コミや評判はどう?

 

このページでは、イククルの利用者がどんな口コミの評判を残しているのかご紹介しています。

 

出会い系サイトやマッチングサイトはサービスによって良し悪しが大きく異なりますので、イククルの評価を確認しておきましょう。

 

イククルの良い口コミや評判

  • 東京や大阪のユーザーが中心なのではと思っていましたが、私は九州に出張に行った際もイククルを使って女の子と出会うことができました
  • ポイントが2倍から3倍になるキャンペーンを狙って購入するとお得だね
  • メールアドレスの登録や年齢確認をして無料のポイントが貰えるのは良いシステムだと思った
  • プロフィールの検索は細かく設定して自分好みの子を探せますので本当に便利です
  • 40代前半の女性と出会いましたが、30歳くらいにしか見えなくて逆にビックリしてしまいました
  • イククルのお陰で大人な男性の魅力に気付き、同年代の人と付き合えなくなりましたよ・・・
  • 女性ばかりの職場で働いている私にとって、20代から40代まで様々な年代の人と出会えるイククルが欠かせません
  • 連絡先を交換しようとすると連絡がつかなくなるようなキャッシュバック狙いの人は少ない気がする
  • 短期間でも「気が合えば会おう」という人が多くて出会いやすいマッチングサイトですね
  • 数年間ときめきも出会いもなかったのですが、イククルのお陰でチャンスは確実に広がりました
  • 付き合って3ヵ月だけど、毎週のように会っているからもっと長く感じる
  • サポート体制が万全ですし、昔からある大手のサイトだからこそイククルは信頼できます
  • 最初は面倒だと感じたけれど、年齢確認や番号認証が必須なのは安心できるポイントだと思う
  • まだ恋人という関係ではないものの、お互いの趣味に合った話題で意気投合している人が見つかりました
  • イククルは他の出会い系サイトよりも真剣に恋活や婚活に取り組んでいる女性が多いね
  • プロフィールの閲覧は無料ですし、女性へのメールも1通50円なのでリーズナブルだと思いました

 

イククルの悪い口コミや評判

  • サクラみたいな制度は撤廃されても、イククルにも少なからず女性のキャッシュバッカーはいますね
  • 30代後半から40代ともなると、ユーザー数の多いイククルでも若い子とは中々会えないかな
  • 詐欺サイトではない気がするけれど、調子に乗ってメールを送りまくっていると直ぐにポイントがなくなってしまう
  • パパさん探しの女性や割り切り女性もそれなりに多く、メッセージ交換での見極めが重要だと感じました
  • 10分間で20通ほどのメールが届くので、やり取りがちょっと面倒です
  • 素人の女性と出会いたいならば、プロフィールを小まめにチェックしてプロっぽい人を除外した方が良いかも
  • 比較的料金が安めに設定されているのは良いのですが、少し機能が寂しい感じがします
  • 10代後半から20代前半と年齢層が低く、30代後半の自分がアプローチしても中々返信が来ません
  • 一部の素人でもサクラのような動きをしている人はいるので、業者やネットワークビジネスがゼロとはいかないようです
  • 結婚を前提にお付き合いする異性を探している方は、イククルではなくマッチドットコムの方が適しています

 

まとめ

 

圧倒的な会員数や充実したコンテンツ、リーズナブルな料金設定がイククルのメリットですね。

 

アクティブな会員が多ければ多いほど、出会える可能性は当然のように高くなります。

 

以下では、イククルの登録の方法や流れをまとめてみました。

 

①イククルのトップページへとアクセスして性別を選択する
②プロフィールやお住まいの地域など簡単な情報を入力する
③内容を確認したら「無料お試し登録をする」をクリックする
④登録したアドレスにメールが届くので記載されているURLへとアクセスする
⑤「アドレス確認の完了」というメッセージを確認する
⑥サービスを利用するために電話番号認証や年齢確認を行う
⑦自分が希望する方法で生年月日の分かる証明書を送る

 

全てインターネット上で手続きができますので、イククルへの登録は難しくありません。

 

「恋人を探したいけれど中々見つからない」「今の職場には異性が全くいない」といった方は、イククルを利用して素敵な出会いを探してみてください。

 

 

 

 

 

page top